忍者ブログ
Humour(ユーモア)って…
Human(ヒューマン)から来てる。

そんな一説、初めて知った。

ジョークとユーモアは、
笑の質が違うんだそうだ。

あくまでも…

人間に対する、
深い愛情や思いやりが、
上回ってこその【ユーモア】。

にゃる。

私の師匠が、
「遊び心を持て。」
と悟ってくれたコトにも。

どこかしら繋がっているのかもしれない。
PR


これは…
カマボコ板じゃないよ(笑)

フランス生まれの魔法の玩具。

その名も「KAPLA」

ただの板なんだけど…

どう重ねても良い。
どう遊んでも良い。

想像力と集中力を使う、
新しい感覚の最新玩具らしい。



確かに魅力的。

日本で言うLEGOみたいな玩具。

でもLEGOとKAPLAは、
同じ感覚を養うのに…
全然違う方向性のモノなんだって。

LEGOは各部品が、
ピッタリ重なって、
持ち運びが出来る玩具。

KAPLAは、
くっつかないから、
その場で広げていく玩具。

どちらも遊びの発展性は高いけど…

遊びをする中で、
育つ感情や思考は、
まったく別物なんだとか。

今日1番「ほぅ」と思った話題は…

LEGOで武器を作って、
戦争ごっこが出来るけど。
KAPLAでは、その発想が生まれない。

なーるーほーど!!

やるなぁ…KAPLA。

魅了されちまったぜ。
保育園の先生に、
コーポラティブゲームを提供する。

一般企業の社員に、
コーポラティブゲームを提供する。

それが…

こんなにも効果が違うなんて!
こんなにも結果が違うなんて!

そりゃ「落としどころ」も変わるわ。

結果と調和。
PとM。
保育園とビジネス。

んー…。

なるほど。
なるほど。

なんだかすごく腹に落ちたぞ。
子どもを育てるのは…

大人だ。
教育だ。
社会だ。

それは間違いない。

だけど…
それだけじゃない。

それも確かなんだろう。


個性の尊重を、
求めれば求めるほど、
「個の存在」が強まる。

それが、尊重なのか。
それが、我侭なのか。

その境界線は誰が決めるんだろう?

人間性だとか。
価値観だとか。

重要視するだけの弊害も、
同時に巻き起こっているんだな。


冷静に読み進めたものの、
私自身も同じ教育で育った人間。

いつまでも。

謙虚に育つ。
素直に育つ。

立派な大人でも、
まだまだ未熟だからね。
【ニードとインタレクト】
    ~欲求と興味関心~

興味関心は、
具体的に表されるコトが多い。

「虫を捕りたい」
「森を探検したい」

プログラムを実施する上で、
1人1人の興味関心を重視するのは、
それが個人の自発的な言動を促すから。

ただ…

興味関心に隠された「欲求」。
それはメンバーの本質であり、
本人も気付かない課題の場合もある。

「自信があるから」
「認められたいから」
「あの子と一緒が良いから」

ニードの明確化・把握によって、
欲求の充足をしながら、
グループの方向性を決める必要がある。


キャンプカウンセラーは、
個人と集団の両方を対象にしている。

個性を認め、
相互作用を持ちつつ、
グループを成長させる存在。


自分の感覚を信じて、
無意識に出来るのも強味だけど…

知識として理解すると、
行動や気持ちが立証される気分。

それも大切かも。
PREV ←  HOME
Copyright (C) 2018 →ココロコロコロ← All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]